ビジネス日本語教育 | 信州大学就職促進プログラム

ビジネス日本語教育

Business Japanese Language
Education Program

概要

信州大学のビジネス日本語教育は大きく3つに分かれています。さらに,就職活動を強力にサポートする合宿形式の活動も行います。それらを通じて,すでにある程度の日本語能力を持っている留学生に,①現場で働きはじめるに足りうるだけのビジネス日本語能力と,②日本人と長い時間ともに過ごして協働していけるだけの日本的就労観理解とビジネス日本事情を身に付けさせることを目的としています。

1年生向け「ビジネス・ジャパニーズ」

信州大学に入学できる日本語能力を持った留学生に対し,日本のビジネス場面を意識しながらビジネス日本語の指導を行います。敬語など習得困難な文法項目、ビジネス(場面でよく用いられる)語彙などの指導をします。
また,日本のビジネスシーンで求められるマナーなど基礎的なビジネス日本事情を習得させます。
さらに,3年時にエントリーシート作成をする際に物語性を持って書けるように,1年時から大学生活のデザインを意識させ,実行させます。

1年生向け「ビジネス・ジャパニーズ」

3年生,修士1年生向け「総合日本語Ⅰ・Ⅱ」

前期は,ビジネスジャパニーズ・テスト(BJT)対策を行いつつ,ハイレベルなビジネス日本語の指導を行います。非常に幅広く学習項目が配置されている同テストを用い,総合的な力を付けさせる全体指導と,受講留学生のレベルにあった個別指導を組み合わせて実施します。
後期は,自己分析・エントリーシート作成・面接指導・ディスカッション指導といった就活場面の項目を指導・作成支援しつつ,そこで求められる日本語を指導します。また,日本的就労観を提示し,それへの適応・慣れを進めます。

3年生、修士1年生向け「総合日本語Ⅰ・Ⅱ」
ビジネス日本語教育ニュース一覧へ